綺麗なバストを作り上げる方法とは

女性であれば、誰もが豊かなバストに憧れを持つのではないでしょうか。
しかし、実際のバストは思い描いたような綺麗で豊満なバストとは異なるという人もいるでしょう。
このような悩みを持つ人は意外と多くいますが、なかなか他の人に相談しにくいため、一人で悩みを抱えてしまっている人も少なくはないようです。
そもそも、綺麗なバストとはどのようなことを指すのでしょうか。
まず、左右差がほとんどないということ、垂れ乳ではないこと、高い位置にあるということでしょう。
左右差が大きく、片方だけ大きかったりすると、見た目が綺麗とは言えませんし、バスト同士が離れているという状況も好ましくはありません。
理想のバストを手に入れたいのであれば、しっかりとしたイメージを持つことが大切です。
綺麗なバストは工夫することにより、作ることが出来ます。
まず、左右差がほぼ無く、均整の取れたバストを目指すのであれば、体の使い方に左右差が出ないようにしましょう。
荷物を片方だけで持つ、同じ方向に力をかける癖があるという場合には、普段使用していない方も使うようにしましょう。
ブラジャーをつけるという時に、たまにはいつもと異なる順番でブラジャーをつけるようにしましょう。
また、小さい方のバストに、周囲の脂肪を集めるようにマッサージを行うことにより、左右差を改善させ、均整のとれた大きさにすることが出来ます。
この時、大きい方ではなく、小さい方に対してだけマッサージを行うようにすると、より効果を期待することが出来ます。
マッサージについては、行ってすぐに何らかの変化が見られるというわけではありません。
その為、マッサージを行っても、効果を実感することが出来ないという場合でも、継続してマッサージを行うように心掛けると良いでしょう。
マッサージだけではなく、エクササイズやストレッチなど、自分に合った方法を見つけ、継続して行うという事が最も重要なポイントです。

このままだと垂れ乳に…?垂れ乳の原因と対処法

綺麗な上向きのバストを支えているのは、クーパー靭帯です。
このクーパー靭帯が切れてしまったり伸びてしまった場合には、垂れ乳となってしまう事があります。
垂れ乳を防ぐためにもクーパー靭帯についてしっかりと知っておくようにしましょう。
クーパー靭帯は激しい運動や妊娠・授乳、加齢、生活習慣などの影響により、伸びてしまったり、切れてしまうことがあります。
これまで綺麗な形を保ってくれていたバストは、垂れ乳となってしまいます。
なお、クーパー靭帯については、切れたりしても痛みを感じることはありません。
ブラジャーをつけずに日々をすごしている場合には、クーパー靭帯に負担がかかりすぎてしまい、伸びたり、切れてしまう可能性があり、垂れ乳になってしまいます。
そのようなことを防ぐためには、起きている間はもちろんのこと、就寝時もブラジャーを着用するようにしましょう。
ブラジャーをつける際には、正しい方法で使用するようにしましょう。
特に、負担をかけやすいと言われているのが、夜間です。
就寝時にはブラジャーを着用しないで過ごすという人も少なくはありませんが、最近では、つけていても圧迫感や違和感を感じないように作られているナイトブラという物もありますので、ブラジャー選びに困っているという場合には、ナイトブラを検討すると良いでしょう。
女性のバストは、常に同じ大きさであるわけではありません。
体重の増減や妊娠・授乳などの影響により、これまでと異なる大きさになることもあります。
ブラジャーを購入するという場合には、その時々に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。
サイズが分からないという場合には、一度計測してもらっても良いかもしれません。

おすすめ記事はこちら