バストアップに効果的な食べ物について

胸のサイズというのは、生まれつきのものだと考える人が多いです。
しかし、バストアップと言うのは、日常の生活を変えるだけで、誰もが実現可能なことです。
まず、バストアップをする上で欠かせないのが、食べ物を変えるということです。
バストアップをするためには、女性ホルモンが必要ですが、体内で作ることのできる量は限られています。
ですから、食べ物から補う必要があります。女性ホルモンと同じような働きをするのが、イソフラボンです。
イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。豆乳や、豆腐、味噌などがあります。
豆乳はそのまま飲むだけでなく、スープなど料理にも活用することができます。
食事を和風にすれば、味噌汁と言った方法で毎日食べることができます。
また、キャベツに多く含まれるボロンという成分もバストアップに効果的です。
ボロンは、女性ホルモンの働きをサポートする働きがあります。
キャベツは生のままでも食べることが出来る野菜ですが、加熱したりすることで毎日の食生活の中に取り入れやすい食べ物です。
ボロンはキャベツの他にも、リンゴやひじき、レーズン、アーモンドなどに多く含まれています。そして、良質なタンパク質もバストアップに必要です。
食べ物では、鶏肉や豚肉、牛肉などの肉類はもちろん、牛乳やヨーグルト、チーズといった乳製品に多く含まれます。
鮭やアジ、イワシといった魚にも含まれているので、食事のバランスを考えるようにしましょう。
また、ビタミンBも女性ホルモンの代謝を整えるのに必要です。かぼちゃなどのビタミンを多く含む野菜を積極的に食べるようにしましょう。
バストアップには、豆乳やキャベツ、チーズ、鶏肉など様々な食べ物が必要です。
イソフラボンが多い、豆腐を味噌汁の中にいれたり、キャベツやかぼちゃを味噌汁に入れるなど、レパートリーを増やして毎日の食生活を変えていきましょう。
かぼちゃやチーズはおやつとしても手軽に食べることができ、飲み物も豆乳にするだけでも大分変わります。

バストアップに逆効果な食べ物には要注意!

バストアップに効果的な食べ物があるように、逆効果な食べ物もあるので注意しましょう。
コーヒーは嗜好品としてよく飲むという人もいるでしょうが、身体を冷やす作用があり、血行が悪くなり女性ホルモンが体に行きわたらなくなってしまいます。
コーヒーは1日に3杯までと決めて飲むようにしましょう。
また、かぼちゃと同じ緑黄色野菜でビタミンが多く含まれているブロッコリーもバストアップには良くありません。
ブロッコリーはアブラナ科の植物で、インドールが多く含まれています。
インドールには女性ホルモンを抑制する働きがあるので、ブロッコリーはバストアップに逆効果です。
ブロッコリーと同様に、カリフラワーにもインドールが多く含まれているので注意しましょう。
また、イソフラボンがバストアップに効果が高いと言っても、取り過ぎは逆効果です。
豆乳なら1日に200mlまでにして、味噌汁や納豆なども食べ過ぎないようにします。
味噌汁などの食べ物から過剰摂取の心配はそこまでありませんが、イソフラボンのサプリメントと一緒に食べるとホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。
かぼちゃやチーズ、鶏肉などもバストアップにいいからと、それだけ食べ続けるのは良くありません。
鶏肉はもも肉よりささみの方が良質なタンパク質が入っています。
鶏肉を食べるときには部位にもこだわるようにしましょう。
コーヒーが好きな人が、バストアップのためにコーヒーを辞める必要はありません。
コーヒーを飲まないことでかえってストレスがたまってしまいます。
ブロッコリーも食べ過ぎなければ問題はないので、日常生活の中で取り組みやすいように食べ物を選びましょう。
チーズもいい食べ物ですが、食べ過ぎは体によくありません。

おすすめ記事はこちら