バストアップに効果的な運動とは?

女性にとってバストはとても大事な存在でしょう。
そのバストが理想的な大きさや形になるためにも、バストアップに効果的な運動をしましょう。
いろいろな運動がある中でも、特に効果が期待できるのは腕立て伏せです。
女性にはかなりきつい運動ですが、大胸筋を鍛えられるので試してみてください。
あくまでも大胸筋を鍛えることが目的なので、普通の腕立て伏せをちょっと変えて行います。
普通の腕立て伏せのように、足をまっすぐに伸ばす必要はありません。
足がまっすぐになっていると女性の力では難しいのですが、ひざを立てた状態で腕立て伏せをやってみてください。
腕がプルプルするようなこともなく、大胸筋を効果的に鍛えられます。
特に効果的な方法は、ひざをついて四つん這いの状態になります。
息を吐きながら腕を曲げて、顎が床につくくらいまで体を下げてください。
そして、息を吸いながら体を起こします。これを繰り返し行いましょう。
10回を2セットくらい行ってみてください。ただし、無理は禁物です。自分のできる範囲で行いましょう。
腕立て伏せを行う時は、腕に力が入るのではなく、大胸筋に力が入るように意識して行ってください。
大胸筋を鍛えることで、バストアップ効果が出るからです。
きれいな形のバストを保つために必要な筋肉です。
バストの下垂を防いでくれますし、バストのお肉が脇に流れにくくなるでしょう。
大胸筋が衰えると、バストがどんどん崩れやすくなるので、腕立て伏せでバストアップしましょう。
毎日続けることがポイントです。毎日10回を2セットも行うのは大変だと思ったら、1セットにしても良いでしょう。
コツコツと続けないと、すぐに大胸筋が衰えてしまうので、回数が少なくても良いので、毎日続けてください。
続ければ続けるほどバストアップ効果がわかるようになるでしょう。慣れてきたら、回数を増やしても構いません。
自分の体調に合わせて回数を変えて行ってみてください。

スキマ時間に出来るバストアップ運動の紹介

手軽にできるバストアップ運動はないかと思っていませんか。スキマ時間に簡単にできる両手押しストレッチがおすすめです。
今度は前鋸筋を鍛えましょう。あまり耳慣れないかもしれませんが、体幹や肩甲骨を固定するために重要な筋肉です。
前鋸筋が衰えてしまうと猫背になりますので、バストも崩れやすくなってしまいます。
両手押しストレッチをやって前鋸筋を鍛えてみませんか。やり方は簡単で、両手のひらを胸の前で押し合います。
この時、姿勢を正してください。そして、思いっきり両手を押し合います。5~10秒くらいで良いでしょう。
両手押しストレッチは、手軽にできる前鋸筋を鍛える運動です。これなら、いつでもどこでも前鋸筋を鍛えられるでしょう。
気が付いた時にちょっとやってみてください。両手押しストレッチは、テレビを見ながらでもできるので、意外と回数を多く重ねることができるでしょう。
テレビを見ているなどのリラックスタイムでは、姿勢が悪くなりがちですが、両手押しストレッチを行うことで、姿勢を正すことができます。
実は、姿勢が悪いとバストが崩れてしまうので、姿勢を正すことはバストアップにはとても大切なことです。
体幹を鍛え、肩甲骨の位置が悪くならないようにすれば、バストが崩れにくくなるどころか、すでにバストが崩れている人は、バストアップになるでしょう。
両手押しストレッチは、力を入れる運動ですが、無理のない範囲で行ってください。
早くバストアップしようと思って頑張り過ぎてしまうかもしれません。
少しずつできる範囲で行うだけでも十分効果を実感できるはずですから、無理をしないようにしてください。
かえって筋肉を傷めるようなことのないように気を付けてください。

おすすめ記事はこちら